知らないと損をする? 補助金・助成金・融資制度の話②


「ダイバーシティ&インクルージョン」これは10年以上前に私が勤めていた会社で盛んに使われていた言葉です。訳すと多様性と受容、人種や性別や様々な文化や個々を受け入れて組織を活性化していこうという戦略で、特に様々な国の人が集まるグローバル企業で使われていました。特に女性の活躍が日系企業に比べて外資系企業が多いのはこの考えが根付いているのも一理あると思います。
様々な理由がありますが、日本は女性の管理職割合など大幅に遅れており、女性の活躍を増やすため女性活躍推進法が2016年4月1日より施行されました。今回はこの法律に基づいた「女性活躍加速化助成金」を説明したいと思います。

<概要>

女性活躍推進法に基づき、自社の女性の活躍に 関する「数値目標」、「数値目標」の達成に向 けた取組目標を盛り込んだ「行動計画」を策定 して、目標を達成した事業主に支給します。本助成金の支給にあたっては、女性の活躍推進企業データベースに掲載することを要件としています。
http://www.positive-ryouritsu.jp/positivedb/

<助成金の種類と支給金額>

支給額(Aコース、Bコースともに):30万円(1事業主1回限り)

  • 加速化Aコース
    行動計画に盛り込んだ 取組内容を実施(=「取組目標」を達成)した場合に支給
    【対象事業主】: 中小企業事業主(常時雇用する労働者が 300 人以下の事業 主 )
  • 加速化 N コース
    行動計画に盛り込んだ取組内容を実施し、行動計画に盛り込んだ数値目標を達成した場合に支給
    【対象事業主】:すべての事業主

<行動計画の策定に関する届出>

行動計画を策定したら、本社所在地を管轄する都道府県労働局に「行動計画を策定したこと」に ついて届出をする。

<支給申請>

加速化Aコースは取組目標、加速化Nコースは数値目標を達成した場合の支給申請が可能となります。

<活用例>

例1.女性の積極登用・評価・昇進に関する目標

【加速化Aコース:取組目標】
女性の管理職を○%以上とする。課長級/次長級/部長級に占める女性比率を○%以上とする課長級の女性管理職を現員の□人から△人に増加させる。

【加速化Nコース:数値目標】
知識、経験のある女性を積極的に中途採用して管理職に就けるために、対象となる女性向けの説明会等を行う。

例2.女性の積極採用に関する目標

【加速化Aコース:取組目標】
ある採用区分で、取組前に比較して女性の採用人数を□人以上増加させ、かつ全採用者に占める女性の割合も△%以上引き上げる。

【加速化Nコース:数値目標】
女性の少ない職種に、より多くの女子学生の応募が得られるよう、大学の工業系学部等と連携した女子学生向けセミナーの実施や、女子学生向けパンフレット等の作成・配付を行う。
その他の具体的な事例は女性の活躍推進企業データベースで見ることが出来ます。
http://www.positive-ryouritsu.jp/positivedb/
 
0人から1人でも目標となります。これまで以上に女性の活躍を増やしましょう。

コメントをする

メールアドレスが公開されることはありません。

4 × three =