無料でWebサイトを構築できないかと思った時に読む話③


無料Webサイト構築コラムの第3回目です。 前回まではこちら。1回目 2回目

 

第2回目は、無料でWebサイトを構築する方法として、jimdoさんとwixさんを紹介しましたが、wixさんのサンプルサイトは紹介できていない(まだ作成できていない)状態でしたので、改めてwixさんでサンプルサイトを作成してみました。

 

 

<メリット・デメリット>
<いいところ>
・ブログとの連携が簡単、充実している
・豊富なテンプレートが用意されている
・無料の素材(写真 ・見出しなど)が豊富に用意されている
・デザインの自由度が高い
・無料の追加アプリがある

<悪いところ>
・表作成が難儀(アプリで作成できるが、使い勝手が悪い)
・デザインの自由度が高い反面、デザイン崩れが生じる
・スマホ対応しているとはいえ、デザインのズレが生じる(テーマの影響かもしれませんが見栄えは悪いです)
・下部に「このホームページはWIX.comを使って作成されました!」と本気の広告が入る

 

今回は、当然タイトル通り無料プランでサイト作成をしましたが、有料プランでは独自ドメインの利用、Google Analyticsの設定等の追加サービスがあるようです。

 

個人的な意見では、WIXさんはエクセルでオートシェイプを利用しサイトを作り上げていくイメージで、個人的にはあまり合いませんでした。

 

あと、これは回線の都合などもあると思いますが…編集画面が死ぬほど重いです。

 

確かに、ユーザーインターフェースとしては、かゆいところに手が届くイメージがありますが、いろんな機能があるゆえに重くなっているように思います。

 

しかし、タダでWebサイトを作成できるだけでスゴイことですので、文句を言ってはいけません。

 

個人的には、3つの無料Webサイトサービスを比較すると、
WordPress > Jimdo > wix の順でオススメです。
(WordPressには、サーバが必要ですが…)

 

最後に、wixさんをはじめ、Webサイトでテーマテンプレートを選ぶ際の注意点を1つ。

 

テンプレートを選ぶ際には写真がデカデカと表示されている、見栄えの良いテンプレートは”選ばない”ことをお勧めします! 英語フォントで作成されている人気テンプレートにはそういう、写真デカデカ系が多いです。

 

デザインを見て、『あらやだ、カッコいい♡』と思って、いざ自分のサイトを作り始めると、デカデカと表示するような素材写真を持っていないことや、自分の写真がしっくりこないことに気づき、結局無難なデザインのテンプレートに戻る傾向があります(体験談です)。

 

前回の記事では、『構成を決めてから、サイト作成をすべき』というアドバイスをしましたが、今回のデザインの話に関連して、もう一つ。

 

自社が、『Webサイトで成し遂げたい目標は何か?』を考えてから、サイト構築されることをオススメします。

 

多くの場合、情報を発信する。製品の紹介をする。ことを通じて、最終的に『売り上げを伸ばす』ことが目的になるはずです。

 

売上を伸ばすためには、Webサイトを通じで、お客様よりお問い合わせを頂かねばなりません。

 

要するにWebサイトは、『お客様が解決したい課題についての情報』があり、『自社の扱う商材を通じてその課題が解決できることを紹介』しており、それをみたお客様が『問い合わせ』ができれば、目的を達成できると言えます。

 

Webサイトの本来の目的を達成したい多くの企業にとっては、デザインは2次的なものと考えられますので、無料でWebサイトを構築したいのであれば、まずはデザインよりも、スムーズに問い合わせが出来る体制を構築することおよび、お客様の求める情報をは何かを考えるコンテンツ作りに力を注いでください。

 

コープラスでは、企業診断サービスを通じて、会員企業様の強み・弱み、訴求すべき情報やターゲットとすべき顧客像の設定などを一緒に考えるサービスを提供しています。

 

Webサイトを無料で作成することを切り口に、改革に乗り出したいとお考えの企業様は是非一度、お問い合わせください。(質問等は、その他お問い合わせ窓口よりどうぞ)

コメントをする

メールアドレスが公開されることはありません。

18 + 14 =