WordPressのサイトをカスタマイズしたいと思った時に読む話②


ポケモンGOやってますか?私はレベル12です。 どうも、ボラ氏です。

 

前回の私の記事に引き続き、WordPressのカスタマイズについて書きたいと思います。

 

今回紹介するプラグインは、「Display Posts Shortcode」です。

 

このプラグインは、投稿ページの一覧を作るためのプラグインであり、固定ページに投稿一覧を作成できます。

ひっとしたら、ブログベースのWordPressテーマをお使いの方は、固定ページ・投稿ページの別を意識されていないかもしれません。

 

コープラスのWebサイトのように、コーポレートサイト形式のテーマをお使いの方で、SEO対策(検索エンジンにうまく見つけてもらう)の為に更新頻度を上げたい。

そのために、ブログ記事一覧の固定ページを作りたい、という場合に役立ちます。

 

コープラスのページでは、このコラムページ(固定ページ)に設置しています。

 

固定ページに、ショートコードを張り込むだけで、コラムの一覧ページを作成できます。

 

ショートコードは、【display-posts post_type=”post” image_size=”thumbnail”】といったもので表示件数や、抜粋内容(日時、担当者など)、画像サイズなどを任意で調整できます。

デフォルトでは、以下のような表示になります。

--(ここから)

(ここまで)--

 

見せ方のカスタマイズは、若干工夫が必要ですが、comemoさんのサイトなどで詳しく紹介されていますので、参考にしてください。

コープラスのサイトでも、抜粋を見やすくするのに少し苦労しました。

 

使い方がわからないなど、質問がありましたらコメントからお願いします。

 

今日も、最後までお読み頂きありがとうございました。

コメントをする

メールアドレスが公開されることはありません。

4 × 2 =